少しでも楽しく歴史を覚えるカードやかるた

日本の歴史を少しでも楽しく覚えよう!おすすめカードアイテムを紹介

子供はじっと机に向かって勉強して暗記して・・・いるというより、ただ座っているだけで全然頭に入っていない・・・?という時もありますよね。

 

暗記項目が多い日本の歴史は覚えることが多いので、余計に時間ばかりかかってしまうこともしばしば。

 

そんな時は、遊び感覚でゲームをしながら繰り返していると、意外と短時間で子供は吸収するんだなという実体験から、便利アイテムを紹介したいと思います。

 

(親が相手をしてあげなくてはいけないこともありますが・・・親も一緒に暗記??)

 

 

 


スポンサーサイト

サピックスのタイムトラベル日本歴史カード

中学受験の塾ですごい進学率を持つサピックスが出版している「タイムトラベル日本史カード」を使っていました。

 

小学生はカードがあると、ゲームっぽい感覚になるのか意外とすんなり食いつきます(笑)

 

 

本タイプになっていますが、ミシン目で切り取ってカードとして使えて、肖像画、写真、出来事にあった資料など見た目も押さえておきたいポイントが視覚でわかりやすくていいですね。

 

説明部分には重要なキーワードが赤く書かれていて、テンポよく復習ができます。

 

カードは176枚あり、片面には1枚ずつクイズや年号、前後の出来事が書かれています。

 

これ全てで歴史はパーフェクト!というわけにはいきませんが、最低限覚えなくてはいけないことではありますので、繰り返し利用して確実に覚えましょう。

 

 

付属のカードを使タイムトラベルゲームというすごろくのような台紙や、歴史人物がずらりと並んでいる年表カードパズルの台紙が裏表でついています。

 

それ以外にも、カードの利用方法として、かるた取りゲーム、神経衰弱ゲーム、早押しクイズゲームなどの遊び方も書かれているので、使い方次第ですね!

 

 

カードを切り取った本の方では時代ごとの説明、年表、地図、ポイントチェック、重要事項など大きく見やすい説明があります。

 

対象年齢が小学校3年生~となっていますので、遊びながら少しずつ歴史に触れていけます。

 

 

早押しクイズに便利なアイテム

 

我が家では親子対決や兄弟対決で早押しピンポンを利用していました。

 

パーティーグッズなので、お友達が来た時も、なぞなぞを出し合いながら、「ピンポン~!」とクイズ大会にもなり、勉強でも遊びでも使えますよ~!

 

 


歴史かるたで人物、年号を覚えよう

安いものから高いものまで人気がある日本史かるた

100円ショップのおもちゃコーナーに歴史人物かるたがあったので買ってみました。

 

ちょっとこじつけ感があり、カードも小さいですが、まぁ100円だし、ボリュームたっぷりなので、満足です。

 

これで結構、歴史上の重要人物は覚えられるんじゃないかなと思います。

 

 

たまたま見つけたものですが、日本史の年号や都道府県シリーズもあったので、見かけた場合は買いかもしれません(笑)

 

 

 

安いものもあれば、作りが本格的な高いものもあり、こちらも人気のようです。

 

 

 


スポンサーサイト