日本の歴史人物事典

日本の歴史人物事典でたくさんの人物を知ろう

日本の歴史人物事典は一家に一冊あると便利だなと思います。

 

教科書では、「できごと⇔人物の名前」が次々にでてくるだけで、実際にその人物がどういう人だったのか、どんな人たちと関わって出来事につながったのか、いい人?悪い人?まではわかりません。

 

今、本屋さんには面白く読みやすいように工夫された人物事典がいっぱいあるんですね。

 

事典と言っても、かしこまった堅苦しい感じではなく、パラパラっと興味がある人物を読んでいるうちに、あの人も・・・この人も・・・とついついエピソードにつられて読みたくなっちゃいます。

 


スポンサーサイト

私がおすすめする歴史人物事典はコレ!

意外にも、人物事典がたくさんあってびっくり。

 

使い勝手や好みもあると思いますが、その中でも、私がおすすめしたい1冊がコレ!

 

 

 

 

 

おすすめする理由は、いくつかあるので、簡単に紹介しますね。
(簡単な紹介じゃないかも・・・語りだしたら止まらない・・・)

 

 

一見、字がびっしりで、「こんなに読むの?」と思ってしまうかもしれませんが、読書ではなく、興味あるところを拾い読みすればよいと思うんです。

 

歴史を学ぶ上で重要な670人とありますが、えっ!そんなに?と思わず、知らない人物もついでに知ることができるメリットも。

 

 

1人で数ページだったり、半ページだったり、ボリュームは異なりますが、飽きないようにイラスト、漫画、ダジャレ、ためになる話、エピソードもあり、大人が読んでも面白いです。

 

 

実はこの本、中学受験などでも使われる小学生向けの参考書、中学生向けの参考書としても有名な「自由自在」シリーズなんです。

 

 

自由自在は、堅苦しくて、ちょっと難しい参考をというイメージがありましたが、「歴史人物できごと新事典」は文体もちょっとゆるめで楽しめます。

 

全国学校図書館協議会の選定図書にもなっているんですね。

 

 

自由自在の歴史人物できごと新事典の特徴

 

・2色刷り(赤と黒)

 

・670人に加えて重要な出来事も収録

 

・ノーベル平和賞を受賞したマラらさんその他受賞者情報

 

・ビートルズやジョブズまでエピソードなどの最新情報もいっぱい

 

・楽しいマンガとユニークな切り口の説明で歴史が楽しく学べる

 

・子供も大人も歴史好きのバイブル

 

・歴史人物それぞれが成し遂げた偉業を4コマ漫画やイラストを見ながら楽しく学べる

 

・総ルビ

 

・各章末と巻末には入試対策の問題があり、歴史年表で日本や世界の主な流れがわかる

 

・基本、赤系統、黒系統、グレーの色合いでカラフルでもないけど色分けされているから見やすい

 

自由自在の歴史人物できごと新事典で家庭学習ばっちり!

全部で511ページ(索引も含む)もあり、分厚いですが、ソフトカバーで扱いやすいです。

 

私から見て、おすすめポイントがいくつかあるので並べてみます。

 

教科書のように堅苦しくない

 

「卑弥呼ってどんな人?」というように、話口調でやわらかい文体です。

 

ポイント部分、大事なところは赤字になっています。

 

「突撃インタビュー」で卑弥呼が答えているところがあり、身近に感じちゃいますね(笑)

 

 

相関図が見やすい

 

家系が複雑になってくると、相関図があり、一族のつながりがわかりやすい

 

 

コラムの種類が豊富

 

「ためになる話」「なっとくの話」「しみじみする話」「びっくりする話」「やんちゃすぎる話」「目立ちすぎる話」「おどろきの話」「へぇ~な話」「勝手な話」「ダメな話」「分かれちゃった話」「感心な話」「なるほどの話」「ひどい話」・・・などなどエピソードがいっぱい

 

 

名言

 

戦って生き抜いてきたからこその「名言」もあるので、励みになるかも

 

 

最近の人物まで

 

日本人だけでなく、世界の人物もいる

 

 

中学入試対策

 

「出る順歴史人物ランキング」が20位まで簡単に書かれていたり、一行問題の一問一答が341もある

 

 

歴史年表

 

歴史年表には日本の出来事、生活、文化の様子だけでなく、それにあわせて世界の出来事も書かれている

 

 

中学受験勉強にも家庭学習にもインパクトで覚える!

 

やっぱり、暗記するには何かインパクトがある方が覚えやすいし、頭に残ります。

 

特に、小学生はウケがポイントかも。

 

 

ちょっとした漫画のやりとりに、ダジャレが結構あるんです。

 

1つ例でいうと、

 

アインシュタイン・・・「物理と平和を愛しゅたいんじゃよ」

 

プププッ・・・。

 

 

基本的には真面目な内容で私としては良いところばかり書きましたが、気になる部分もあります。

 

歴史人物の資料がないので、写真や画像が受験に出てきた時は、「???」となってしまうかも・・・。

 

イラストがちょっとくだけていたりするため、子供にとって親しみやすさはありますが、教科書などに掲載されている人物写真や絵があるとよかったなと思いました。

 

 

他にも人物事典がいっぱいあるので紹介

ビジュアルがかっこいいのもインパクトありますね!

 

 

 

女子に親しみやすいのが、こちら。

 

パステルカラーで少女漫画風なところが受け入れやすいかもしれません。

 

 

 

子供はやっぱり漫画から!

 

 

 

 

スポンサーサイト