角川まんが学習シリーズ「まんが人物伝」は面白い人選にも期待

日本・世界の人物・伝記マンガ

今の世の中にあるものは誰かが発明したもの、作りあげてきたもの。

その「誰か」はどんな幼少期を過ごして、どんな経験をして、どんなきっかけで成功し、失敗し、人生を過ごしてきたのか。

 

大人になってみると、今まで自分の人生でたくさんの分岐点がありましたが、子供たちはこれから見つけていくんですよね。

「失敗から生まれてくるものもある」「努力することの意味」

言葉だけを並べればエラソーですが、人にはわからない苦労があっての成功。

 

娘は小学校の図書室で伝記まんがを借りてくるようになり、その人物について色々と教えてくれました。

人に興味を持つっていいなと思っています。

 

本屋さんにはたくさんの人物伝、伝記があります。

文庫本での読書も想像しながら読む楽しみがありますが、イラスト付きの漫画は子供にとってもハードルが下がり、おすすめです。

その中の1つ、角川まんが学習シリーズ「まんが人物伝」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

角川が学習漫画に力を入れてきた!

ここ数年は学習漫画が次々とリニューアルされたり、新しく刊行されたり、各出版社が競い合っていますね。

 

いずみ
いずみ

おかげで購入する側としては、学習漫画が手に取りやすくなりました!

 

小学校の図書室にありそうな、一昔前のイラストでハードカバーというスタイルを、角川はコミックサイズのソフトカバーにし、イラストは今の子供たちにも受け入れられそうなカッコいい、かわいい系に大変身。

 

しかも、小学館、学研、集英社が昔から出版していた中で、角川が歴史漫画に参入という形で、学習まんが全体が大きく変わってきているなと感じています。

実際に角川の日本の歴史漫画セットは大人気ですよね。

そんな勢いがある中で、今度は人物伝が創刊されました!(2017年発売開始)

 

日本の人物だけでなく世界で活躍した人物伝も!

創刊した時に出版された人物伝が、織田信長、徳川家康、真田幸村の3冊でした。

NHK大河ドラマでヒットした真田丸ブームで戦国武将が注目されたからでしょうか。

 

その後、エジソン、ヘレンケラー、
2017年下期に豊臣秀吉、ナイチンゲール、伊達政宗、西郷隆盛、
2018年以降にウォルトディズニー、アンネフランク
が発売され、次々に増えています。

 

コミック本サイズなので、他社のハードカバーに比べると大きさが小さいのですが、イラストの表紙がインパクト大!

戦国武将たちがかっこよすぎ!

 

本ごとに、カバー・表紙の担当者やまんが作画の方が異なるので、イラストの雰囲気もガラリと変わり、新鮮味があります。

 

中身の構成はどんな感じ?

本のサイズはコミック本と同じで、ソフトカバーなので持ち運びがしやすい大きさです。

表紙をあけると、登場人物たちの相関図、3ページの写真館、最初はカラーでその後、白黒の漫画が一気に描かれています。

 

終りの方には、人物資料館、なんでも大図解、新聞風の作りでエピソード、セリフベストランキング、年表など、少ないページながらも、結構盛りだくさんの企画が組み込まれているので、幅広い知識になりそう。

歴史新聞づくり、自主学習、家庭学習にも使えるネタになりますね。

 

最後の背表紙裏には、そのテーマである人物の「ゆかりの地マップ」が見開きであります。
漫画部分のページ数としてはだいたい150ページ前後でしょうか。

 

気になる中身は、見るのが一番早いですが、勝手に画像を載せるわけにもいかないので、アマゾンのなか見!をご利用ください。

 

私が読んだ感想

私が読んでみた感想というと、コンパクトな大きさにもかかわらず、必要なことがたくさん載っていて、漫画以外の資料も堅苦しくないところがいいですね。

ただ、低学年だと本自体が小さい中に、内容がぎっしりなので、読みにくいかも。

イラストが小さい中に、字がたくさんあるように感じます。

高学年になれば、普通のコミック漫画のようなイラストや文字、今どきのイラストなので、読む力はあると思います。

 

お子様の年齢などにもよりますが、抵抗があったり、難しいようであれば小学館、集英社、学研などのハードカバータイプのイラストが大きいものから入るとよいかもしれません。

 

>>「日本・世界の人物・伝記マンガ」カテゴリーへ

 

内容はしっかり学習まんがなので、用語が難しい部分もありますが、子供が興味を持てばどんどん読み進めちゃいそうです。

 

なるほど~!のラインナップ

角川は、戦略が面白いですね。

日本の歴史漫画セットが登場した時も、特典付きセットに魅力がありました。

(当時、徳川家康モデルの懐中時計付きだったんです。)

 

このまんが人物伝シリーズは、有名な偉人はもちろん、意外に注目されていなかった人物もラインナップにあがってきています。

 

例えば、スヌーピーの生みの親「チャールズ・シュルツ」の人物伝は私も興味があります!

 

テーマが統一されているセット販売は、ちょっとしたプレゼントにもいいですよね。

 

本のサイズはコンパクトでも内容が濃い角川。

子供の年齢に応じて出版社を比較して検討してみるのも1つです。

織田信長、ヘレンケラーで各出版社を比較していますので、参考になさってください。

(私の見解ではありますが・・・)

戦国武将!織田信長の漫画5冊を徹底比較!魅力がわかるおすすめ漫画はどれ?
どこの出版社にもいる人物と言えば、「織田信長」ですね。織田信長を知りたい!と思った時、どの本がおすすめでしょうか。

 

出版社で何が違うの?ヘレン・ケラーの伝記漫画4冊を徹底比較
ヘレン・ケラー一人をとっても、学習漫画や子供向けの本がたくさんあります。いったいおすすめはどれでしょう?

 

 

タイトルとURLをコピーしました