【角川】角川まんが学習シリーズ 日本の歴史

私が角川の日本の歴史まんがをおすすめする理由

日本の歴史漫画と言ったら、不動の一位だった小学館。

 

しかし、2015年に角川から今までの歴史まんがを覆すセットが販売されました。
ソフトカバー、有名なイラストレーターたちによるカバーイラスト(表紙)など絵柄も現代的になり、特典付きセットも発売sれて売り上げも急増

 

 

ビリギャルの映画にもでてきた小学館のセットは受験にも強い内容で評判がいいですが、私としてはイラストが昭和なところが受け入れにくい、角川は新しいから最新が反映されている、イラストが子供には受け入れやすい、でも内容の良し悪しは専門家じゃないのでわからない・・・

 

結局、1時間くらい本屋さんで悩みまくり、私が選んだものは「角川」でした。

 

ソフトカバーでサイズが小さめの本なので、子供もイラストから見ると読みやすいかなと感じたため、角川に決定しました。


スポンサーサイト

角川の特徴・アピールポイントは?

★2015年に出版後、人気急上昇(学習まんが「日本の歴史」ジャンルで2015年、2016年上半期の売り上げが第一位)

 

★歴史の大きな流れをつかむことを重視している

 

★軽くて持ち運びやすいソフトカバー、コンパクトサイズ
ハードカバーの歴史漫画より小さめで親子モニターでも支持率No.1

 

★豪華なカバーイラスト
(スタジオジブリの近藤勝也(こんどうかつや)さん、「ケロロ軍曹」の吉崎観音(よしざきみね)さん、「DEATH NOTE」の小畑 健(おばたたけし)さんなど

 

★ビリギャルの著者、坪田先生や明治大学文学部教授の齋藤孝先生の推薦コメントもあり

 

★山本博文東京大学教授が監修

 

 

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 全15巻定番セット

 

角川の歴史漫画で気になったところ・ポイント

セット特典が嬉しい!

 

初回版セットで「おっ!これは今までと違う革命!」と思った角川の販売方法が、面白い特典付きセットです。
ここ数年は年末に向けて、特典付きセットが毎年発売されているので、チェックしてみてください。

 

過去には、徳川家康の洋時計をモチーフとした懐中時計、真田家 家紋・六連銭モデルの懐中時計、歴史の大きな流れをつかめる新感覚カードゲーム「日本史トラベラー」などがありました。

 

現在発売されている特典付きセット

 

「戦国すごろく&サイコロバトルえんぴつ」、『別巻 歴史まるわかり図鑑』

 

 

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史2018全15巻+別巻1冊セット【戦国すごろく&サイコロバトルえんぴつ】つき

 

 

集英社、小学館、学研も特典セットを発売しています。
合わせて、比較してみて下さい。

 

 

 

「歴史まるわかり図鑑」がおすすめ!

 

そしてもう1つ!

 

初回限定版の特典だった「歴史ずかん」が大好評で、増補改訂&大幅増ページで30ページ以上増やし、単体でも購入できるようになりました。

 

※初回限定の特典だった初期タイプ

 

 

2017年、2018年特典付きセットには別巻としてセットに一緒に入っています。単体購入ができるというくらい、人気があるようですね。

 

 

角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 別巻 歴史まるわかり図鑑

 

 

別冊のおまけでしょ?と思われがちですが、見て楽しい、比べて面白い内容なんです。

 

比べるポイントが面白く、城、兜、はにわ、トイレ、時計、髪型、人気の名前、ひげなど小学生ウケしそうなテーマで写真付き。

 

コンパクトで全部で200ページくらいなので、興味あるテーマを選んで読めますし、自主学習としてネタにもなるので、学校の宿題にも使えるかもしれません。

 

近現代部分の強化だけど・・・

定番セットのラスト15巻目は、「平成」時代のボリュームが少なく、物足りませんでした。
33ページで平成の始めから東日本大震災まで一気に駆け足で終わりという流れは、ちょっと残念だなと思っていました。

 

しかし!2018年に近現代史3巻が別巻で発売されることで、解消されました。

 

こういうところが、角川に勢いがあってすごいなと思います。

 

 

教育改革で高校は「歴史総合」という必修科目が登場

 

大学入試が変わる話はよく知られていますが、それに伴い、高校入試、中学入試も変わり、小・中・高の学習指導要領も大きく変化してきているんです。

 

今の子供たちにとって、ドンピシャリなんですよね。

 

高校で近現代の日本史と世界史を統合した「歴史総合」が必修科目に。先取りに最適!ということで、「よくわかる近現代史 全3巻」を発売。

 


日本史+世界史
全3巻の1/5が世界史で、世界史と日本史を織り交ぜた構成はこの本だけ!
(2018年3月現在)

 


新必修科目「歴史総合」を先取り

 


どこよりも最新の内容
日本と世界の最新を反映し、トランプ大統領や平成の終わりにも触れている。

 

(2019年3月情報)

 

 

角川まんが学習シリーズ日本の歴史 よくわかる近現代史 年表つき全3巻セット

 

人物シリーズも続々刊行中!

角川では、歴史の定番セットが大人気ですが、さらに人物に焦点をあてたシリーズが登場。

 

2017年に発売開始。最初は織田信長、徳川家康、真田幸村の3冊から始まり、ナイチンゲール、伊達政宗、西郷隆盛・・・続々と刊行されています。

 

ラインナップが、ちょっと楽しみでもあります。
詳しくは、こちらで記事を書いていますので、参考にしてください。

 

>>【角川】角川まんが学習シリーズ まんが人物伝

 


小学生の子育て中である私の感想

途中に歴史的な解説欄がないため、漫画としてストーリーを一気に読めていいですね。

 

受験勉強として用語や語句、歴史背景などの細かい部分まで求めるならば小学館はずっと人気があります。

 

私自身が学習漫画ってなんで堅苦しいの~?せめてイラストがかわいければ・・・と思ったことがあります。

 

子供にとってはイラストが親しみやすくソフトカバーなので、読んでみようかなと思ってくれればいいかなと、角川にしました。

 

 

持ち運びやすくコンパクトサイズのソフトカバーなので、扱いやすい大きさというメリットもありますが、耐久性を考えると、今後はちょっと心配??

 

まぁ、このあたりは、コミックマンガのような感じなので、そんなに重要視する部分でもないかな?という気もします。
(個人の気になり方もありますが・・・)

 

 

内容&近現代について思ったこと

 

内容については、コンパクトでありながらも結構細かくぎっしりです。

 

用語が多いため、中学受験や高校受験には有り難いのですが、最初から完璧に読もうと思うと、挫折しちゃう子もいると思います。

 

流し読みでもしてくれればいいなと思いますが・・・

 

 

近現代に関しては、定番セットの発売後、別巻として「近現代」部分の3冊が発売されました。

 

しかし、これがまたわかりにくい・・・

 

時代も世の中が目まぐるしく動いていた近現代なので難しいからしょうがないのですが。

 

 

というわけで、近現代の部分は、最新版の集英社が読みやすいので、近現代部分は集英社にしようと思います。

 

>>【集英社】学習まんが日本の歴史の記事

 

 

スポンサーサイト

日本の歴史漫画と言ったら、不動の一位だった小学館。しかし、2015年に角川から今までの歴史まんがを覆すセットが販売されま...

集英社の日本の歴史漫画について詳しくご紹介します。創業90周年企画として、集英社が18年ぶりに「日本の歴史」まんがセット...

学校の図書室、家、塾、図書館など、「日本の歴史漫画」と言ったら定番だった小学館。イラストがまだ昭和のままですが、内容は大...

学研の日本の歴史まんがはイラストがかっこいいですね。2012年にリニューアルされているので、角川が2015年に発売される...

小学生向けに多く発売されている日本の歴史まんがですが、ロングセラーだったり、新しく出版されたり、リニューアルされたり、各...

本屋さんで、児童コーナーに行ってみると学習漫画がずらりと並んでいますが、こちらの集英社文庫の「漫画版日本の歴史」セットを...