【集英社】学習まんが日本の歴史

近現代の内容がすごい!集英社の日本の歴史まんがで昭和と平成が詳しくなる

集英社の日本の歴史漫画について詳しくご紹介します。

 

創業90周年企画として、集英社が18年ぶりに「日本の歴史」まんがセットをリニューアルし、2016年10月28日に刊行されました!

 

我が家には、角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」セットがあるので、集英社のセットが出版されても2つもいらないよな~、でも、どんな感じなんだろう?と1冊だけ購入してみました。

 

どこの時代を購入するか・・・。

 

やっぱり、最新版ということなので、ラストの巻がどこまで最新か、他社とどんな違いがあるのか見てみようと20巻のみ買いました。


スポンサーサイト

集英社の特徴・アピールポイントはココ!

★2016年10月28日、全20巻刊行!

 

★軽くて丈夫なハードカバー(一般的な小学生向けの歴史漫画サイズ)

 

近現代史の割合をアップ(次期学習指導要領もカバー)

 

★総ページの半分がカラー、表紙イラストも豪華

 

★高校・大学受験でも役立つ充実内容

 

★総合アドバイザーは受験界のカリスマ講師「野島博之先生」

 

★最新研究が反映

 

★集英社創業90周年企画としています。

 

 

集英社 学習まんが 日本の歴史 全20巻+2019年数量限定特典セット【2冊分お得な特別定価】 (学習漫画 日本の歴史)

 

 

今後も毎年、特典セットがある?

 

角川は2015年に発売されて以来、今年で4回目の特典付きセットを発売します。
毎年、年末になると角川は限定セットが出てくるんです。

 

そして、なんと集英社からも特典付き限定セットが発売されています!

 

しかも角川の発売より、ちょっと前です(笑)
今後、お子様に買うご予定がある方、クリスマスやお正月、入学祝いなどでプレゼントする方は秋以降、チェックしてみて下さい。

 

角川、小学館、学研も特典セットを発売しています。
合わせて、比較してみて下さい。

 

 

 

中身はどのような内容になっている?

私が購入した20巻(激動する世界と日本:平成時代)を見てみると、近現代に力が入っているな~という印象です。

 

他社は、昭和後期~平成が最終巻となっているのですが、集英社は昭和が16~19巻の4冊、平成が20巻の1冊というボリュームで、近現代に力が入っています。

 

 

歴史マンガと言うと、戦後の日本がどのように発展してきたかというストーリーで終わっているイメージがありました。
最新版の集英社では、巨大地震のしくみと備え、テロのこと、地球温暖化と異常気象、世界の自然エネルギーなど、今まさに直面していることが掲載されています。

 

 

写真と解説があり、ちょっとした図鑑のようで親としては子供に知ってもらいたい部分なので、嬉しいところ。

 

バブル、小泉政権、インターネットによる物流の変化、個人情報、東日本大震災の津波による原子力発電所の事故、それからのエネルギー利用についてなど、政治や環境を踏まえてマンガのストーリーになっています。
時事的な部分が歴史まんがに組み込まれているのは今までになく、親として有り難いです。

 

 

歴史用語の一覧、年表も近現代の巻では細かく日本の出来事があり、同時に世界のできごとも書かれています。

 

 

ページ数としては、集英社の20巻は191ページでした。
(同サイズで同じようにハードカバーの小学館は149ページ、学研は112ページ+解説30ページ)

 

集英社の日本の歴史漫画で気になるところあり

集英社の日本の歴史漫画でちょっと気になった部分がありまして・・・
最初の方のページに「この本の決まり」という部分があります。

 

 

人名や地名、できごとの表記は、高校で学ぶ日本史の教科書にもとづいています。このため、小・中学校で習う表記とは異なる場合があります。

 

例:聖徳太子 ⇒ 厩戸王(うまやとおう)

 

 

大学受験向けも視野に入れている作りなのか、ビリギャルの影響でしょうか?(1年で偏差値を40上げて、慶応大学へ入ったさやかちゃんが、日本の歴史を学びなおすのに日本の歴史漫画を使用していた)

 

すべて漢字にふりがながありますが、「高校教科書にもとづく表記を用いる」というのは小中学生にとっては、いいのかどうか・・・。

 

 

いきさつはこういうことだったのかな?

 

実際に文部科学省の学習指導要領の改訂に伴い、厩戸王(うまやとおう)になったり、「鎖国」という言葉がなくなり、「幕府の対外政策」という表現に変わっていくという方向で話が進んでいたことがありました。

 

しかし、混乱を招くことになり、小中ともに聖徳太子の表記に統一、鎖国に関しては、「鎖国などの幕府の対外政策」ということで落ち着くという話がでていたので、製作段階でも意識してこのようになったのかなと思います。(2017年3月情報)

 

小学生の子育て中である私の感想

最新版の歴史漫画と言っても、やはり製作に時間がかかりますし、時代がどんどん流れていくので、ある程度でストップしてしまいます。

 

日本の歴史漫画セットの中で最新版である集英社は、近現代部分に力を入れているので、ポイントとしては高い!

 

 

親が子供の頃に体験してきたことも、すでに歴史上のことになっていますが、子供たちに説明することも難しいですからね。
親にとっては、ついこの間のことのように感じてしまいますが・・・。

 

 

日本の歴史漫画セットをいくつも購入することは金銭的にも厳しいと思いますので、集英社の近現代部分だけ追加購入するのはアリだなと思っています。

 

我が家では、『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史』のセットをベースにし、近現代部分を集英社で補強しています。
角川の近現代が別巻3冊で発売されましたが、どうにも小学生にはわかりにくい・・・集英社の方が私は好きです。

 

『【小学館】学習まんが少年少女日本の歴史』も「平成時代」を別巻1冊として発売したので、イタチごっごですが、色々な角度から歴史を知ることもよいかもしれません。

スポンサーサイト

日本の歴史漫画と言ったら、不動の一位だった小学館。しかし、2015年に角川から今までの歴史まんがを覆すセットが販売されま...

集英社の日本の歴史漫画について詳しくご紹介します。創業90周年企画として、集英社が18年ぶりに「日本の歴史」まんがセット...

学校の図書室、家、塾、図書館など、「日本の歴史漫画」と言ったら定番だった小学館。イラストがまだ昭和のままですが、内容は大...

学研の日本の歴史まんがはイラストがかっこいいですね。2012年にリニューアルされているので、角川が2015年に発売される...

小学生向けに多く発売されている日本の歴史まんがですが、ロングセラーだったり、新しく出版されたり、リニューアルされたり、各...

本屋さんで、児童コーナーに行ってみると学習漫画がずらりと並んでいますが、こちらの集英社文庫の「漫画版日本の歴史」セットを...